1回拍出量

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

1回拍出量(いっかいはくしゅつりょう、英語:Stroke Volume,SV)とは、心臓が1回の収縮によって動脈拍出する血液を量のことである。一般的に単位はミリリットルである。

概要[編集]

一般的に1回拍出量は、小動物から大動物になるほど増加し、また子供から大人になるほど増加する。これは身体が大きくなるのに比例して心臓容積が大きくなることに伴うものである。

一般的なヒトの成人の1回拍出量は、安静時かつ仰臥位で約70ml、正常値は60ml~130mlであるとされている。 なお、オリンピック選手などのトップアスリートや特殊部隊に属する軍人などの場合は、トレーニングにより1回拍出量が140ml~180mlほどまで増加しており、一般人の身体の常識は通用しないので診療に際しては注意を要する。

なお、1回拍出量に1分間の心拍数(英語:Beats Par Minute, BPM)を掛けた1分間あたりの血液の総量を「心拍出量」あるいは「毎分心拍出量」という。

求め方[編集]

1回拍出量 (Stroke Volume, SV) = 左室拡張末期容積 (End Diastlic Volume, EDV) - 左室収縮末期容積 (End Systolic Volume, ESV)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]