駆出率

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

駆出率(くしゅつりつ、英語:Ejection Fraction, 略称:EF)とは、心拍ごとに心臓が送り出す血液量(駆出量)を、心臓が拡張したときの左室容積で割った値のことである。

計測方法[編集]

一般的に左室容積左心室造影法と呼ばれる検査方法が用いられる。左心室造影法動脈から心臓左心室ピッグテールカテーテルをぶっ挿して、造影剤を注入し、アンギオグラフィ装置X線造影撮影するという方法である。

また、最新鋭の超音波検査装置ではMモード(motion mode)で心エコー検査をするだけで左室容積と左室駆出率の自動計測ができる機種もある。心エコーなので当然のように非侵襲であり、比較的容易に計測できることから近年では繁用されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]