血液

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

血液(けつえき、英:Blood)とは、動物の主要な体液で、全身の細胞栄養分や酸素を運搬したり二酸化炭素老廃物を運び出すための媒体である。

概要[編集]

ヒトの血液量は体重のおよそ 1/13(男性で約8%、女性で約7%)であり、体重 70 kg の場合は、約 5kg が血液の重さとなる。なお、日本人の血液比重の標準範囲は1.05程度であるため、重さと容量(リットル)はほぼ一致する。

動物一般について言えば、血液は体液とほぼ同意である。血液が管状の構造の中を流れている動物においては、この管を血管という。体液を体内で流通させるしくみがある場合、これを血管系・あるいは循環器系という。血管系には開放血管系閉鎖血管系がある。

ヒトをはじめとする脊椎動物閉鎖血管系であり、特に外傷などが無い限り、血液は血管の内部のみを流れる。血管の外には組織液があり、液体成分と一部の血球は血管の壁を越えて出入りする。血管の周囲にある細胞は、組織液に浸っていると考えてよい。開放血管系の動物および循環器系のない動物においては血液は血管外にも流れ出すので、血液と組織液の区別はなく、体液はすべて血液と見なして良い。

血液の流れを血流もしくは血行という。また、血液が体外へ染み出している状態を出血という。

なお、本記事の以下においては、特に断りのない限り、ヒトの血液について述べている。

血液の主な構成成分[編集]

血液の価格[編集]

液体1ミリリットルあたりの単価

2011年現在、液体1ミリリットルあたりの単価は以下のとおりである。人間の血液は非常に高価なものであることがわかる。

  • HP 黒インク
  • 人間の血液
  • ペニシリン
  • 3M PF-5030(工業用冷却剤)
  • ウォッカ
  • レッドブル
  • ペットボトル水
  • 原油(バレル)

関連項目[編集]

参考文献[編集]