心拍出量

提供:メディカルウェア
移動: 案内, 検索

心拍出量(しんはくしゅつりょう、英語:Cardiac Output,CO)とは、心臓が1分間に動脈拍出する血液の量のことである。毎分心拍出量などとも呼ばれる。心拍出量の単位には「ml/分」が用いられる。

目次

[編集] 概要

心拍出量は1回拍出量(Stroke Volume,SV)に心拍数(Beats Par Minute,BPM)を掛けた値である。

心拍出量(CO) = 1回拍出量(SV) * 心拍数(BPM)


一般的には1回拍出量は身体が大きくなれば増え、逆に心拍数は身体が大きくなれば減少する。これらを考慮し総合的にみると成長とともに心拍出量は増加する。

また、心拍出量に各種血管抵抗(vascular resistance)の値を掛け合わせることで、収縮期血圧最高血圧)と拡張期血圧最低血圧)のいわゆる「血圧」と呼ばれるものを算出することもできる。

[編集] 関連項目

[編集] 参考文献

[編集] 外部リンク

個人用ツール
  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス