ファビピラビル

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

ファビピラビル(開発コード:T-705、英語:favipiravir、商品名:アビガン)とは、富士フイルムグループ富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬一般名である。

概要[編集]

ファビピラビルはインフルエンザ治療を目的としたRNAポリメラーゼ阻害薬である。

ファビピラビルはウイルスRNAポリメラーゼを阻害するという、既存のインフルエンザ治療薬にはない新規の薬理作用を持つ。オセルタミビル商品名タミフル)やザナミビル商品名リレンザ)などは「ノイラミニダーゼ阻害薬」に分類され、ウイルスが感染細胞から放出されるのを防ぐ作用を持つ。一方、ファビピラビルはウイルスの増殖を直接に阻害する作用がある。このため、比較的遅い投与でも効果が期待できる。ファビピラビルは、オセルタミビル商品名タミフル)に耐性を持つウイルスや、H5N1亜型などの鳥インフルエンザAに対しても有効とされる。

ファビピラビルは富士フイルム傘下の富山化学工業古田要介氏によって1998年に発見された。2012年にはアメリカ国防総省(通称ペンタゴン)がファビピラビルのさらなる開発を後押しするため1億3850万ドル(現在のレートで約142億円)を富士フイルムの米国での提携相手であるメディベクターに助成した。富士フイルムは同薬の権利を保持している。 [1]

薬事承認[編集]

2014年3月24日にファビピラビルを有効成分とする「アビガン錠」が厚生労働省から世界に先駆け日本で製造・販売を承認された。

ただし、ファビピラビルは強い副作用の疑いがあるため、インフルエンザワクチンなどに代わるものではなく、あくまで新型インフルエンザが既存の薬に対する耐性を持ち、効かなかった場合の緊急対策として承認されたものであり、厚労省が要請を出した場合のみの供給となる。

また、エボラ出血熱にもマウスを使った動物実験で効能がある可能性が示唆されており、2014年8月15日には田村憲久厚生労働大臣が閣議後の記者会見で「今般の緊急事態とすれば、医師の裁量というか処方によって使うのは薬事法違反とは認識していない」と述べ、パンデミックに備え事実上の承認を出している。 [2]

ファビピラビルには未知な部分も多く、さらなる有効性を確認するための治験を実施することを条件にした。

副作用[編集]

ファビピラビルは既知の副作用として動物実験での胎児の催奇形性があるため、日本国内では通常のインフルエンザには使用してはならないとされ、重篤患者にのみ本人および家族に危険性の説明のうえで使用するものとされている。 あくまでパンデミックに備えた危機管理用の薬剤である。

非臨床試験動物実験催奇形性が確認されており、ヒトでも同様と考えられるため、妊婦への投与は避けなければならない。

また、男性精液から女性へ移行することから、男性の患者投与する際は、危険性について説明した上で、投与期間中および投与終了後7日間まで、性交渉を行う場合は女性が精液接種しないようコンドームによる避妊を徹底するよう警告が付けられている。

インフルエンザ[編集]

ファビピラビルはインフルエンザ治療を目的とした経口摂取する錠剤であり、インフルエンザワクチンよりも遙かに製造も接種も簡単であると期待されている。 また、ファビピラビルはRNAポリメラーゼを阻害するというメカニズムであるため、未知の新型インフルエンザウイルスが登場しても効果があるのではないかと期待されている。

エボラ出血熱[編集]

ファビピラビルはエボラ出血熱にも効果がある可能性が高いとして世界中が注目している。すでに米国の研究機関などによる研究マウスを使った動物実験によりエボラウイルスを排除する効果が確認されている。

ファビピラビルは日本でインフルエンザ向けに承認されたばかりである。他国や他用途での臨床試験や承認には最低でも数年はかかるが、2014年のエボラ出血熱アウトブレイクを機に米国政府機関が手続きを迅速化させる動きもある。

ちなみに2014年8月時点でエボラ出血熱治療薬として期待されちるものは以下の5つである。

構造式[編集]

作用機序[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]