催奇形性

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

催奇形性(読み:さいきけいせい、英語:teratogenesis)とは、先天性奇形のうち、外表または身体内部における形の異常が発生することをいう。

概要[編集]

受精卵薬物などの影響により、遺伝子染色体に異常を起こす、胎芽胎児に作用して異常を起こす、などにより奇形が発生することをいう。

かつて日本でもサリドマイドという睡眠薬により309人のサリドマイド胎芽病患者が発生した(子供が生まれた)。 その後の追跡調査で、そのサリドマイド胎芽病の子供たちが成長し産んだ子供たちが総じて健康健常者であったことから、催奇形性は遺伝しないとされている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]