ZMapp

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

ZMapp(読み:じーまっぷ)とは、3種類のヒト化モノクローナル抗体抗体カクテルを、遺伝子組換えによりタバコ植物)に組み込んで育成し、そのタバコの葉から抽出して作られた抗エボラウイルス薬である[1][2][3]

概要[編集]

2014年現在、サルに対する非臨床試験の段階にあるエボラ出血熱に対する未承認薬である。

この薬は社員わずか9人のマップ・バイオファーマシューティカル社が開発中のものである。同社は米国政府およびカナダの公衆衛生局から「生物兵器などからの防護・防衛」の名目で資金援助を受けている。なお、同社はZMappで一躍世界的に注目を浴びたものの、まだ承認もされていないし、そもそも量産する設備がないとしている。

基本的にはタバコであるため、生産は大手タバコ会社のレイノルズ・アメリカン社の子会社であるケンタッキー・バイオプロセッシング社が行っている。

生産[編集]

[2] [4] [5]

ヒトへの使用[編集]

米国キリスト教系支援団体サマリタンズ・パースがZMappを非公式に調達し、2014年8月4日に2人のエボラ出血熱患者に同意のうえ投与するという人体実験的な治療が行われた。その結果、2人とも症状が改善されるポジティブな結果を示した[6]

一方、西アフリカ・リベリアでエボラウイルス感染し、帰国してマドリードにあるカルロス3世病院でZMappによる治療を受けていたスペイン人宣教師は死亡している[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]