マップ・バイオファーマシューティカル

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

マップ・バイオファーマシューティカル(英語:mapp biopharmaceutical)とは、米カリフォルニア州の創薬ベンチャー企業である。

概要[編集]

Mapp社はバイオテクノロジー研究および創薬を行っている企業である。 2014年8月時点での社員数は9名であり、いわゆるベンチャー企業である。

ZMappと呼ばれるエボラ出血熱新薬で一躍有名になった。 資金の豊富な大企業ではないため、ZMappは8匹の猿を使った動物実験しか行っておらず臨床試験には程遠いが、その動物実験ではこれまでの同類薬物を遥かに超える治療効果が得られているという。 エボラ出血熱治療に従事していて自らも感染したKent Brantly医師に対して、米国キリスト教系支援団体サマリタンズ・パースが非公式に調達および投与し、その効果が話題となった。 これをうけ脚光を浴びたが、Mappは残念ながらベンチャー企業なので量産する設備などなく、どこかに委託しても量産まで数ヶ月はかかると発表している。

地図[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]