陽性造影剤

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

陽性造影剤(ようせいぞうえいざい)とは、X線造影剤のうち、ヨードバリウムなどのX線の吸収量が大きい物質を用いた薬剤のことである。単純に「造影剤」という場合は主に陽性造影剤を指すのが一般的である。

概要[編集]

ヨードバリウムは原子番号が高く(=原子が大きく)、X線減弱係数が高いため(=X線を遮断する)、X線の透過性が低下することにより医用画像では白く写る。これにより造影剤を用いない単純撮影に比べ、コントラストの強い画像(白黒がはっきりした)を取得することができる。

分類[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]