ランニング

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

ランニング(英語:running)とは、闇雲に走り続ける危険な行為のことである。医学的には否定的な意見が多く、そのかわりにジョギングウォーキングエクササイズが推奨される。

概要[編集]

そもそも地球上において目的もなく闇雲に走り続ける動物ヒトだけである。野生動物は生命を守るために短時間のダッシュをすることはあっても、ランニングのような意味不明な行為は行わない。 [1]

身体への影響[編集]

まずランニングなどの過剰な運動ストレスを与える行為である。とくにランニングは体重の3〜6倍程度の荷重が片足に掛かり続けるなど、身体への負担が大きい。

ストレスの蓄積により交感神経副交感神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になる。筋肉は硬直し、血管は収縮するする最悪の状態であり、血流が悪くなり、免疫力も低下する。そして、頭痛めまい動悸などの自律神経失調症症状が現れる。

とくに血流を悪いまま放置すると、老化肌荒れ精神病などの障害に陥る。

対策[編集]

過度の運動でなくとも運動後は以下のような対策を行うのが望ましいとされる。

研究[編集]

ランニングの健康への影響を調べる研究が発表されている。30年にわたり52,600人を追跡調査したという。

まず1つめの研究は、参加者を以下の3グループに分類して平均寿命を調べたというものである。

  • ランニングをする人(ハードに走るひと)
  • ジョギングをする人(マイルドに走るひと)
  • 何もしない人

結果はジョギングしている人の死亡率は何もしない人より19%ほど低かったが、ランニングしている人は寿命に変化はなかったという。

つぎに2つめの研究は、時速12km以上で走る人は心臓疾患が特出して多いというものである。そして世界で活躍するトップアスリート心臓は軒並み異常があり、とくに運動不足の人に多い冠状動脈の硬化がトップアスリートにも多発したという。持久力が心房細動のリスクを著しく高めることに議論の余地はない。心房細動脳梗塞の原因のひとつと推定される不整脈である。

さらなる詳細はBMJ論文を参照。

関連項目[編集]

参考文献[編集]