死亡率

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

死亡率(読み:しぼうりつ、英語:mortality rate)とは、一定の人口に対する、その年の死亡者数の割合をいう。

概要[編集]

死亡率は、先進国で低く、発展途上国では高い傾向にあった。 だが最近ではロシアやブラジル、インド、中国などのGDP上位の発展途上国における医療の飛躍的な発達により、これらの国々では死亡率も急激に低下しており、それが人口爆発の原因の一つになっているとの指摘もある。

一方でサハラ砂漠以南のアフリカでは反対にエイズエボラの影響で急激に死亡率が上がっている地域もある。

日本では少子高齢化平均寿命の延びなどにより死亡率が低下するという予測がたてられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]