DICOM/Association

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

DICOMにおけるAssociation (アソシエーション)とは、DICOM通信におけるサーバー(SCP)とクライアント(SCU)間の通信セッションのことである。

概要[編集]

AE間のアソシエーションの確立はAE Titleを用いて行う。初期のDICOM規格ではTCP/IPに加え、RS-232Cなどを用いた2点間接続などの規定があったため、そもそも2点間通信にはIPアドレスなどという概念がなく、IPアドレスに代わる識別子としてAE Titleという概念が導入されている。 なお、アソシエーションが確立した状態とは、AE間のネットワーク接続だけでなく、ノード間の認証まで完了した状態をいう。

タイムアウト[編集]

びっくりすることにDICOMのAssociationの定義には通信タイムアウトの定義がない。 このためDICOM適合性宣言書で各自勝手に定義しているのが一般的であるが、希に何も書いてないこともある。その場合は延々と応答を待たなければならない。

冗談かと思うかもしれないが古いDICOMサーバーなど(とくに昔のカラオケボックスばりのMOやCD-R、DVD-Rといったメディアを用いたディスクチェンジャーを用いている物)では、「DICOMサーバーリトリーブを実行し昼ごはんに出かけ戻ってくる頃に応答がある」というくらい忘れた頃に応答してくるようなシステムもあるので、あながち間違いではない。

上記の例はいまでは珍しいものであり半分冗談ではあるが、今でも応答までに数分を要するDICOMサーバーも少なからず見受けられるため、少なくとも普通のWebサーバーの感覚で数十秒くらい応答がないからと言って強制的に接続を切ってはいけない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]