DICOM/AE Title

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

DICOMにおけるAE Title (えー・いー・たいとる)とは、各端末の各プロセス(AE)を識別するための固有識別子のことである。AE間で通信セッション(Association)を確立する際に用いる。

概要[編集]

AEタイトルはインターネット・プロトコル(IP)におけるIPアドレスとポート番号の組合せに相当するものである。

と言うと、最近のDICOM通信ではIPアドレスとポート番号とAEタイトルの3つの組合せで通信するのが一般的なので混乱を招くかもしれないが、最初期のDICOM規格ではインターネット・プロトコル(≒LAN)ではなく、RS-232Cなどに幅広く対応した独自の通信手段・独自ネットワークを採用していたため、それらにおいてIPに代わる抽象的な独自のパケット仕様(PDU)を規定し、その中で用いる個別識別子としてAEタイトルが規定された。

ようするにDICOMにおけるTCP/IPのサポートは後付であり、今でこそIPアドレスとポート番号とAEタイトルの3つを用いるが、古くはAEタイトルだけを用いて通信していたのである。もっと言えばDICOMのTCP/IP対応は、TCP/IP上で古い独自ネットワークをエミュレーションすることで実現している。DICOM通信は無駄に遅いと言われる原因はこのエミュレーションのせいである。

このようにAEタイトルは今となっては不要どころか足を引っ張る存在であるが、完全に無くすとなるとDICOM規格・DICOM通信の全面刷新が必要となるため放置されているのが実情である。

よってDICOM規格の根底に残っている以上、とりあえず使わないわけにはいかないので、最近では簡易的な平分パスワード的な位置づけで使われていることが多い。なお、AEタイトルを秘匿することでベンダーロックインの手段としている悪徳業者もいるので注意する必要がある。

仕様[編集]

DICOM通信においてAEタイトルを送受信する場合は、固定長16バイト(アスキーコード16文字)を用い、AEタイトルが16文字に満たない場合は後方を半角スペース(0x20)で埋める。つまり最大長は半角16文字である。

関連項目[編集]