短絡路

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

短絡路(たんらくろ、shunt,しゃんと、bypass,ばいぱす)とは、血管腸管神経などが一般的な正常な配置ではなく、近道したりしている状態のことである。

呼称[編集]

単に短絡(たんらく)と呼ばれることも多く、例えば心内短絡短絡術などと表記されるこもある。 また日本ではシャントと呼ばれることも多い。

手術において人工的に吻合(anastomosis)する手技バイパス手術短絡術と呼ばれる。

概要[編集]

短絡路は、生まれながらの先天的のものをはじめ、外傷炎症により後天的に発生したもの、さらには手術などにより意図的に作られたものなどがある。

人工的なものとしては、たとえば血液透析を行う際に、充分な血液量が確保できるよう、動脈静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせるなどといった事が行われる。これに関しては シャント法シャント造影人工血管なども参照。

関連項目[編集]

参考文献[編集]