二重造影法

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

二重造影法とは、消化管造影において、ガス(陰性造影剤)により消化管を伸展させた状態にし、そこへバリウム(X線造影剤)を投与することで、粘膜面に薄くバリウムを付着させる方法である。これにより粘膜面の状態が詳細かつ広範囲を観察することができる。

関連項目[編集]