マルチ・ディテクターCT

提供: メディカルウェア
Multi Detector CTから転送)
移動: 案内検索

マルチ・ディテクターCT(Multi Detector CT、MDCT)とは、コンピューター断層撮影装置CT)の構造の一種で、複数(マルチ)のX線検出器(ディテクター)を並列に搭載した機種のことである。

概要[編集]

MDCTはヘリカルCTが更に進化したものであり、基本的な動作は変わってない。

MDCTではX線検出器が増えることで、一度に撮影できる幅が広がり撮影が高速化される。 それ以上に利点とされるのがX線検出器の並列度を上げることで螺旋状に撮影した際の補正用に重複撮影される部分を最小限に抑えることができるというものである。 これにより放射線の被曝量が減る。 たとえるなら包帯を隙間なく巻こうとすると、包帯の幅が狭いと重なる部分が増えるが、包帯の幅が広いと重なる部分が少ないのと同じである。 ようするに患者への負担が少ない。

MTCTのX線検出器の数を「列」という単位で表し、16列や64列などという。機種名に列数が入っていたりするので見てみよう。

最近の主流はこれ。 価格もお手頃とされる。

関連項目[編集]