ヘリカルCT

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

ヘリカルCT(Helical CT)とは、コンピューター断層撮影装置CT)の構造の一種で、患者の寝ているテーブルを移動させつつ螺旋状(ヘリカル)に撮影し、斜めに撮影した画像を撮影後に計算によって画像補正を行いつつ繋ぎ合わせることで断層画像として取得するようになったもののことである。

後にヘリカルCTの構造そのままにX線検出器を並列化させた「MDCT」が登場したため、近年では明確に区別する目的で「シングルディテクターCT(SDCT)」と呼ばれることも多い。

概要[編集]

ヘリカルCTでは螺旋状に撮影されるため、画像補正のために「重なり」が必要であり、2重に撮影される部分は放射線による被ばく量が増大するという問題点を抱えていた。

一方、撮影速度が劇的に高速化することで短期的な患者への負担も激減し、患者が物理的に動くことによる「画像のブレ」などが抑えられ、より正確な画像が得られるという利点があり広く普及した。

ヘリカルCTが進化したものであるMDCTなどにおいても螺旋状に撮影するという基礎は変わっていない。 なお、被ばく量などの問題点は後にMDCTADCTなどへの進化する過程で改善されつつある。

関連項目[編集]