放射線科

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

<youtube size="medium" align="right">X1QTCXY5G74</youtube> 放射線科 (Radiology)とは、放射線を利用して疾病画像診断治療をおこなう診療科

画像診断では、X線写真による検査CTコンピュータ断層撮影)検査、MRI磁気共鳴画像診断装置)検査、超音波検査血管造影検査核医学検査マンモグラフィ検査などが行われる。通常は診療放射線技師によって医用画像の撮影取得が行われ、放射線診断医 (読影医)による画像診断が行われ、診断が下される。

放射線治療では、悪性腫瘍などの患部に放射線を照射し、腫瘍細胞を死滅させる方法で、IVR画像支援治療)などと併用して治療が行われる。

放射線科は他の診療科と併設されているのが一般的であり、その需要も爆発的に増大している。その一方で、読影医の数は世界的に伸び悩んでおり、放射線科を常設することが難しい状況であるため、撮影までは行うものの、読影は地域の中核病院などに委託する遠隔読影も盛んになってきている。 また、米国を中心に、多種多様なモダリティ装置を大量に配備し、多数の読影医が24時間体制で読影を行う放射線科だけの医療機関も増えてきている。

関連項目[編集]