術野

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

術野(読み:じゅつや、英語:operating field, operative field)とは、手術を行っている目で見える部分のことである。

手術部位視野」を漢字2文字に省略したものと考えて間違いない。ひらがな(発声)で比較すると「じゅつや」と「しゅじゅつぶいのしや」では特に大きな差に感じられることであろう。

消毒[編集]

術野はいうなればメスなどで切り刻んだ巨大な怪我であり、当然のようにそこから細菌ウイルスが入り込むことによる感染リスクも非常に高い。怪我をすれば消毒するのと同様に、手術部位感染(英語:surgical site infection、通称:SSI)を防止するために術野は事前に皮膚消毒を行い、皮膚に存在する病原体を可能な限り減らしておく必要がある。

手術対象は人体であり、メス鉗子などの無機物と異なり滅菌は不可能であるため、100 %感染を防ぐ方法は現在無いが、最前を尽くす方法が日々考案されている。

術野の消毒に関する詳細は「手術部位感染」のページを参照

関連項目[編集]

参考文献[編集]