汚染

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

汚染とは、微生物放射能などの有毒なもので汚れることをいう。

概要[編集]

医療で汚染という場合は、主に生物の表面(皮膚毛髪など)に、より体積の小さい微生物などの病原体が付着することをいう。 一般的には生物の表面に付着したのみで、まだ体内への侵入や増殖が始まっていない状態を指す。 この汚染の状態から発展して、体内への侵入、および増殖を始めてしまうことを「感染」という。

また、汚染を引き起こす可能性の高い物質汚染物汚物)と呼ぶ。 医療機関では広く共有されているあらゆる物が汚染物となる可能性があり、これにより院内感染を引き起こすことが多い。 たとえば医療機関などのトイレにある固形石鹸などは表面が汚染されていることがある。 このため最近の日本では、医療機関のみならず、多くの公共機関や商業施設のトイレなどにおいて、オートソープディスペンサーなどと呼ばれる手をかざすと自動で洗浄液が吹き出す洗面台が広く普及している。

放射能[編集]

放射能を持つものは汚染物の一種である。 この放射能を持つものが体内に侵入してしまうことを内部汚染内部被曝)という。

関連項目[編集]

参考文献[編集]