乳児

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

乳児(にゅうじ)とは、母子保健法よって規定される、出生から生後1年未満(満1歳未満)の者のことである。

概要[編集]

乳児期においては、身体(筋骨格)および知覚(中枢神経)の成熟がすすむ。たとえば、口腔や声帯、心肺が発達することで言葉を話す基礎を身につけ、筋肉や骨格が発達することで立って歩く基礎を身につける。これにより後天的に発達する学習行動をおこなう際の基盤を確立する。

かつては乳児に対し、意図的に学習行動をさせることで発達を促進させるという考え方があったが、現在の研究成果では身体および知覚の発達を阻害し、生物学的に逆効果であるという考え方が一般的である。

関連項目[編集]

関連用語[編集]

  • 新生児 - 出生から生後28日未満の者(母子保健法)
  • 幼児 - 生後1年以上(満1歳以上)、小学校就学未満の者(児童福祉法)

その他[編集]

参考文献[編集]