Da Vinci Surgical System

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索
ペイシェントカート

da Vinci Surgical System(ダ・ビンチ・サージカル・システム、通称ダビンチ)とは、Intuitive Surgical(インテュイティヴ・サージカル)社が開発した内視鏡下手術用の手術ロボット医療用ロボット)である。内視鏡下手術用ロボットの代表格である。

概要[編集]

手術ロボットといってもターミネーターのような人工知能を搭載したロボットが全自動で手術を行うわけではなく、あくまで術者がロボットアームを操作する。この形態のロボットは産業ロボット業界用語でいうとマスタースレーブ型と言うらしい。

メリット[編集]

たとえば操縦者が手を10cm動かせばロボットアームは1cm動いたり、手ぶれ補正などが付いていたり、細いロボットアームを使うことで人間の手では入り込めない狭い空間内で動けたりすることにより、患者への低侵襲手術を可能にするというものである。

ロボットアームの先に付いているカメラは一般的なビデオカメラと同様にズームもできるため、肉眼で見るよりも広い視野で術野を確認しながら手術を行うことができる。これらはより正確な切除縫合が可能とする。

さらに人間の手より細いロボットアームは術野の奥まで入り込めるため、根治性も高く、もより小さくできるため、出血も少なく、より早い術後の回復が見込まれる。これは生体の機能をより温存することに繋がる。

デメリット[編集]

なお、ダビンチは利点ばかりではなく、健康保険が一部しか適用されないため医療費が高額になるというデメリットもある。

またダビンチは導入すれば誰にでもすぐに使えるという代物ではなく、術者がトレーニングを積み重ね、ダビンチの操作を完全に習得するまではとてもではないが危なくて実践導入できるわけもなく、それまでは巨大な置物でしかない。この点については全国各地の大学病院を中心に、近隣の医師がいつでもトレーニングできるようトレーニングセンターが開設されつつある。

構成[編集]

ダ・ビンチは、サージョンコンソール、ペイシェントカート、ビジョンカートなどから構成される。

主な導入事例[編集]

2000年7月にアメリカ食品医薬品局(FDA)より承認され、日本では2009年に厚生労働省薬事・食品衛生審議会で国内の製造販売が承認された。

日本では2000年に九州大学病院に導入、同病院の消化器・総合外科(第二外科)では2001年から2002年に治験として62例の胸腹部の手術がなされた。その他、藤田保健衛生大学病院東京医科大学病院金沢大学附属病院名古屋大学医学部附属病院神戸大学医学部附属病院などで導入されている。近年では中小の医療機関にも導入されはじめており把握できないほど広がりを見せている。

保険診療[編集]

日本においては2012年度の診療報酬改定で「前立腺ガン全摘出」を行う患者のみ保険診療の対象となった。その他の疾患については保険診療の認可がされておらず、医療費健康保険の対象となっていない。ただし先進医療としての認可申請はされているため、保険診療と併用することは可能となっている。

関連項目[編集]