低侵襲

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

低侵襲(ていしんしゅう、less-invasive)とは、手術検査における侵襲(痛み発熱出血など)を最小限に抑えようと努める医療行為医学研究のことである。

内視鏡カテーテルなど、身体に対する侵襲度が低い医療機器を用いた検査治療法をはじめ、手術ナビゲーションシステムなどにより開腹切開を最小限に留めようと努力する行為なども含まれる。

低侵襲医療は、当然のように患者の負担も少なく、術後の回復も早くなる。

低侵襲医療は治療を行うという意味では検査が主体の非侵襲医療よりも現実的であるため、既存の医術医療行為をいかに低侵襲にするか、というのが近年の医学医療においてもっとも注目されているテーマである。いかにして低侵襲を実現するかという研究は、科目を問わず、科目を超えて議論されており、論文数も圧倒的に多い。

関連項目[編集]