アルファ線

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

アルファ線 (α線、alpha ray)とは、放射線の一つで、プラスの電気(電荷)を帯びたヘリウム4原子核( 陽子2個と中性子2個からなる)の流れ(アルファ粒子が束状になって進んでいく状態)のことである。

アルファ線は、不安定な原子核が、安定した原子核になろうとするアルファ崩壊の際に放出される。

アルファ線は、放射線の中で最も大粒なため、物質を通過させる能力が低く、薄い紙切れ1枚で遮断できる。

アルファ線を出す放射性物質としては、ラジウム226ウラン238などがある。

関連項目[編集]

参考[編集]