DICOMタグ/0018/1114

提供: メディカルウェア
移動先: 案内検索
DICOMタグ
(0018,1114)
英語名称 Estimated Radiographic Magnification Factor
日本語名称 推定X線撮影倍率
VR DS
VM 1

DICOMタグの(0018,1114)とは、 X線源から検出器までの距離と、X線源から検出器を格納している筐体の前面までの距離の比率である。

概要[編集 | ソースを編集]

  • X線源から検出器までの距離は「Source Object Distance (SOD)」、
  • X線源から検出器を格納している筐体の前面までの距離は「Souce Image Distance (SID)」

と呼ばれる。

一般的なX線撮影では被写体を検出器の筐体前面に押し付けて行うので、 たとえばFPDなどに金属定規を置いて撮影した場合を想定すると距離計測などはSIDで行うべきであるといえる。

ERMF.png

このことよりDICOMタグに入っているPixel Spacing(0018,1164)は「SODにおけるImage Pixel Spacing(検出器1個の大きさ)」であり、そのまま使わずにEstimated Radiographic Magnification Factorの値で除算して「SIDにおけるPixel Spacing」を算出して使うべきであるといえる。

SODでのPixel Spacing = Pixel Spacing (DICOMタグに入ってる)
SIDでのPixel Spacing = Pixel Spacing / Estimated Radiographic Magnification Factor

これを用いて距離計測を行うとすると以下のようになる。

距離 = ピクセル数 * SIDでのPixel Spacing

なお、DICOMタグにBody Part Thickness (0018,11A0)が記録されている場合はそちらも参考にすべきである。

ちなみに上記の計算済みの値は「Pixel Spacing (0028,0030)」に格納されていることが多い。「Image Pixel Spacing (0018,1164)」と名前が似ており非常に紛らわしいので注意しよう。

関連項目[編集 | ソースを編集]