麻疹

提供: メディカルウェア
移動先: 案内検索

麻疹(ましん、はしか)とは、麻疹ウイルス(Paramyxovirus 科 Morbillivirus属)によっておこる感染症である。

人から人へ感染する。

感染経路は空気感染をはじめとして飛沫感染接触感染と多彩である。

感染力はきわめて強く、麻疹の免疫がない集団では発症者1人あたり感染者12~14人にのぼるとされる。インフルエンザは発症者1人あたり感染者1~2人とされることからもその強さがわかる。

冬から春にかけて流行し、乳幼児の発病が目立つ。ただし出生後早期(4 ~6ヶ月まで)は母胎から引き継いだ免疫があるため発病しないことが多い。

不顕性感染(感染はしても発症しない=症状がでない)はほとんどなく、感染した90%以上の人が発症する。

主な症状としては、39℃以上の高熱が1週間以上続き、 紅い発疹が出現、時には合併症で本邦でも死亡することがある。小児では重要な急性感染性である。