DICOM/Value Multiplicity

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

DICOM/Value Multiplicity(略称:VM)とは、データ(DICOMタグの値)が単一か配列かなどを表す情報である。

概要[編集]

DICOMのデータの中に半角バックスラッシュ(文字コード0x5C)が含まれる場合は区切り文字として扱われ値をそこで分割して利用する。そのためVMが1以外のDICOMタグではバックスラッシュは使ってはいけない文字となっている。逆にVMが1のDICOMタグではバックスラッシュが使え、たとえばDICOMDIRに含まれるDICOMファイルのパス名(ディレクトリ区切り)などにはよく含まれている。

なお、VRPNの場合のみ、区切り文字は「=」(文字コード0x3H)となる。

VMの例[編集]

  • 1 = 単一データ
  • 1-3 = 最大3個の配列
  • 1-n = 単一または配列
  • 2-n = 2以上の配列

関連項目[編集]

参考文献[編集]