高齢者インフルエンザ予防接種

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

高齢者インフルエンザ予防接種とは、日本の各市町村が実施している免疫力の低下している高齢者向けにインフルエンザワクチン予防接種を推奨促進するための助成制度である。

概要[編集]

高齢者インフルエンザ予防接種は、あくまで市町村単位で実施しているものであり、その内容は市町村により異なる。また、実施年によっても助成内容が異なる事も多い。このため高齢者インフルエンザ予防接種の詳細は自分が住んでいる各市町村の役場や保健所に問い合わせよう。

なお、実際に住んでいる地域ではなく、住民票がある地域でなければ対象にならない事も多いので注意しよう。ただし住民票のある地域と居住地域が違っても東日本大震災の避難者などは例外としている市町村も多いのでこれまた役場や保健所に問い合わせよう。

対象者[編集]

高齢者インフルエンザ予防接種の対象者となる「高齢者」の基準は市町村により異なる。 高齢者の基準が60歳の市町村もあれば、65歳の市町村もある。

さらに65歳以上が基本だが、65歳未満でも心臓腎臓呼吸器などに機能障害がある人や、HIVなどによる免疫機能障害がある場合も対象者に含めるなどという市町村もあるので、これまた役場や保健所に問い合わせよう。

料金[編集]

高齢者インフルエンザ予防接種の対象者であれば、インフルエンザ予防接種の料金から1000円が割り引かれる市町村もあれば、1500円が割り引かれる市町村もある。さらに全額免除となっている市町村もある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]