磁性体センサー

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

磁性体センサーとは、MRI室の入口に設置して使う、吸着の危険性がある磁性体の入室を検知する機械である。

概要[編集]

磁性体センサーは空港の手荷物検査場にあるゲート型の金属探知機であり、MRIで重大な吸着事故を防ぐ目的で設置される。 棒状のセンサーが左右に2本ある万引き防止センサーに似た形状で、設置幅を調整できる製品が多い。

磁性体センサーを磁性体が通過すると表示灯が点灯したりブザーが鳴り響いたりして怒られる。

内部的な構造は知らない。

価格は非常に高いらしく、多くの小規模な医療機関ではハンディタイプの金属探知機で代用しているという。

主な製品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]