無針注射器

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

無針注射器(読み:むしんちゅうしゃき、英語:jet injector)とは、注射針のない注射器のことである。

世界初とされる製品名から通称「ハイジェッター」とも呼ばれる。かつてあらゆる家庭用ゲーム機が総じて「ファミコン」と呼ばれた現象のようなものである。

概要[編集]

無心注射器はその名の通り注射針のない注射器で、薬液を高圧で発射し、薬液生体経皮などを貫通することで注射を行う注射器のことである。大雑把に言えば、一般的な注射器注射針よりも細い穴から、バネや油圧などの力で薬液を一気に噴射することで、薬液自体を針のようにとがらせて生体に撃ち込む水鉄砲である。この原理と代表的な製品の形状から鉄砲注射などとも呼ばれる。

利点[編集]

注射針を使用しないので以下のような利点がある。

実際[編集]

無針注射器の利点は理想論であり、とくに感染症への予防効果は期待外れで、1日に1回程度の消毒しか行われず無心注射器の噴射口が不衛生なまま使い続けられ、そこからウイルスなどに感染する事件が多発した[1]。これは技術的な問題というよりも、販売業者が「消毒不要」などとうたい販売したことによる運用上の問題という側面が大きい。

また、無針注射器は1970年代の日本において小学校および中学校の予防接種で用いられたが、一般的な注射の手作業と異なり、力加減を制御できないため、皮下注射のはずが神経線維まで貫き損傷させる事故が少なからず発生したことから、1987年8月に厚生省(現:厚生労働省)の撤収勧告が出され、1994年に乳幼児および小児などへの廃止と使用が取りやめられた。

2011年10月には米国FDAインフルエンザワクチン投与に際し、滅菌されてないハイジェッターを使わないよう勧告している[2]

こういった事情はメーカーも理解しており、現在は糖尿病インスリン歯科麻酔など向けに、小型かつ弱めで皮下程度までしか届かないことで安全性を高めた新製品を出している。このような新製品でも1回使用ごとに洗浄消毒は必須である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. 伊藤精介 (1998年12月11日). “接種 かくしてC型肝炎は日本人に蔓延した!”. 週刊ポスト小学館). 1999年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月16日閲覧。
  2. FDA PRODUCT SAFETY -Medical Device-