無歯顎

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

無歯顎(むしがく)とは、が1本もない状態ののことである。

無視顎の治療には、総入れ歯(総義歯)を用いることが多い。

無歯顎の患者には、プラークにより細菌感染を起こし、肺炎誤嚥性肺炎)になる危険性があるため、プラークコントロールが必要である。

関連項目[編集]