単為生殖

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

単為生殖(読み:たんいせいしょく、英語:parthenogenesis)とは、繁殖の際に通常であればメスオスの両方を要する生物において、メスが単独で子どもを作ることをいう。

概要[編集]

卵子ができる過程で形成され、通常であれば消滅するはずの極体精子のように振る舞い、卵子と結合することで起きる。

卵子精子が同一個体のものとなるため、半クローン状態の子供が生まれてるとされている。 重度の近親交配で生まれた子供早死にすることが多い。

その他[編集]

キリスト教の聖典である新約聖書によると、救世主イエス・キリストは聖母マリアから処女懐胎によって誕生したという。他の神話などでも、単為生殖を思わせる説話がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]