上部消化管内視鏡

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

上部消化管内視鏡(読み:じょうぶしょうかかんないしきょう)とは、食道十二指腸までの上部消化管を観察するための内視鏡の総称である。

検査・手技について[編集]

本稿では内視鏡の検査装置について記載する。
検査手技については「上部消化管内視鏡検査」を参照

概要[編集]

いわゆる胃カメラである。だけではなく、の前後にある食道十二指腸の観察に使う。

一般的な消化管向けの内視鏡はスコープの挿入部位により、から入れるものと、お尻から入れるものに大きく分かれる。基本的に内視鏡装置一式のうち、光源装置などは同じだが、挿入部位によりスコープの硬さや太さなどの形状が異なる。

上部消化管内視鏡は、前者のから入れるように最適化されたスコープのことである。最近ではから入れるタイプのスコープより患者が「ゲッゲッ」「オェッオェッ」と苦しくないという理由で、鼻孔から入れるタイプのより細いスコープが増えてきたが、患者鼻腔の形状によってはから入らない場合も多い。

また、経口摂取して後日排便とともに出てくるカプセル内視鏡も上部消化管内視鏡に分類される。

呼称[編集]

上部消化管内視鏡という名称はあまりに長いので、日本ではを意味する「ガストロ」と呼ばれることが多い。胃と前後賞である。略称はEGD(esophago gastro duodenoscopy)が主流である。かつてはGIF(gastro intestinal fiberscopy)と略された。なお、アルファベット3文字は論文等を書く分にはいいが、発音するにはやはり長いので、臨床における医療従事者の会話の中ではガストロが主流である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]