タウリン

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

タウリン(taurine)とは、硫黄を多く含むアミノ酸であるシステイン(cysteine)の酸化物として生成するものである。 はじめからタンパク質の成分として存在するアミノ酸ではない。

概要[編集]

タウリンは2−アミノエチルスルホン酸で、胆汁酸コール酸)と結合して、これをに溶けやすくする特性があり(タウロコール酸となる)、胆汁中に多く含まれる。 医薬用には通常は牛(ウシ)の胆汁を原料と抽出精製されたものが使われる。 タウリンという名称はラテン語で雄牛「タウルス(taurus)」に由来する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]