SSDE

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

SSDE (Size Specific Dose Estimate)とは、患者の体格からCTにおける放射線量を推定する方法である。

CTDIvolおよびDLPは、CTによる患者の放射線被曝を推定するための一般的な方法である。しかしこれらは患者の体格に関係なく同じ被曝量となる。

係数は、患者のAPおよび側方寸法が提供されている場合に、患者の被曝量を吸収線量に変換するのに役立つように開発された。様々な方法が参考文献に記載されている。

SSDEはCTスキャンの視野内の臓器を考慮していないので実効線量の指標にはならない。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]