PCR検査

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

PCR検査は、特定の遺伝子に反応する検査である。現在はコロナの検査に使われているが、開発者であるキャリーマリスは、「この検査法は感染症の診断には使ってはいけない」と語っていた。別名、「ポリメラーゼ連鎖反応」。

PCR検査はデタラメ[編集 | ソースを編集]

このPCR検査は、本当はコロナに感染していなくても陽性と出てしまう。さらに、関係ないウイルスやウイルスの死骸やパパイヤ、自動車オイル、未使用の綿棒でも陽性になるため、感染症の診断には全く使えない。

感染していないのに、陽性にされるかも?[編集 | ソースを編集]

検査された本人が感染していなくてもPCR検査では陽性になる。 例えば検査する部屋の空気中にウイルスが浮遊していて、それが綿棒に付着する。検査している本人は感染していない(あるいは保菌さえしていない)のに、綿棒にウイルスが付着したと言う理由で陽性判定されてしまい、本当はコロナに感染していないのにコロナと診断される。


実際にPCR検査キットの説明書にも、「陽性であってもコロナと診断してはいけない」とかかれている。

PCR検査陽性は感染ではない[編集 | ソースを編集]

PCR検査陽性は感染ではない。 ウイルスが粘膜を突き破り、細胞に侵入し、ウイルスが増殖していくことを「感染」と言う。ただ鼻毛や粘膜にウイルスが付着している状態は感染とは言わない。 しかし、PCR検査は、ウイルスの有無しかわからない。粘膜や鼻毛にウイルスが付着しているだけの状態でも陽性判定されてしまい、本当はコロナじゃないのにコロナと診断される。

PCR検査を受けてはいけない[編集 | ソースを編集]

  • 陽性になると家族や職場、友達、周りの人に迷惑がかかったり、会社が一人のせいでストップする。
  • PCR検査はウイルスの類似性しか分からないため、新型コロナウイルスに似たウイルスでも陽性判定になる。
    • また、余計な菌やウイルスにも反応し、陽性と判定される。
  • 感染していなくても鼻や粘膜、鼻毛にウイルスが付着しているだけで陽性になる。
  • ウイルス5個付着しているだけで陽性になるため、受けたら高確率で陽性になる。
  • ウイルスの死骸でも陽性になる。
  • そもそも、感染者の9割が無症状か軽症なので、検査する必要はない。
  • 検査したら高確率で陽性になるため、家で寝ておく方がいい。
  • 検査した人のうち2人に1人が陽性になる。陽性になった人の5人に4人が偽陽性。

陽性になったら、周りからも差別されたり良くない噂をたてられたり、会社や学校や家族など迷惑をかけたりしてしまう。