2-ヒドロキシグルタル酸

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

2-ヒドロキシグルタル酸とは、IDH-1変異(IDH-1陽性)脳腫瘍、特にびまん性低悪性度グリオーマの患者の脳内に蓄積する代謝物である。

臨床での使用は普及していないが、2.25ppmで共鳴する2-ヒドロキシグルタル酸は、MR分光法MRS)を用いて生体内で検出できる可能性が高く、したがって、IDH-1の状態を術前に検出できる可能性がある。IDH-1の状態が予後に大きく影響することがわかってきており、これは重要なことです。

残念ながら、それは小さなピークであり、GABAとグルタミン酸/グルタミンピーク(そのまま重なっている)の間に挟まれているため、現在日常的に利用可能なものよりも高度なMRSと後処理技術を必要とします。

参考文献[編集 | ソースを編集]