遺伝的異質性

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

遺伝的異質性(genetic heterogeneity)とは、対立遺伝子性(allelic)と非対立遺伝子性(non-allelic)の2種類がある。

前者は同一遺伝子座の異なる対立遺伝子による異質性をいう。例としてはデュシュンヌ型筋ジストロフィーベッカー型筋ジストロフィー遺伝性プリオン病などが挙げられる。

後者は座位異質性(locus heterogeneity)とも言われ、異なる座位の遺伝子により同一、または類似の表現型を呈する場合を言う。脊髄小脳運動失調症肢帯型筋ジストロフィーなどが挙げられる。