易罹患性診断

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

易罹患性診断(いりかんせいしんだん、susceptibility diagnosis)とは、感受性診断ともいい、一塩基多型(SNP)などを用いて多因子疾患発症リスク薬剤感受性などを予測することをいう。

多因子疾患に関係する遺伝子診断は、浸透率の高い疾患発症前診断と異なり、たとえ陽性という結果が得られても、将来かならず発症するとは限らず、当該疾患の「なりやすさ」がわかるにすぎない。

易罹患性診断は未来医療として期待されるが、感度、特異度、陽性適中率などをもとにした臨床的有用性の確立が必要であり、臨床の場での実用化の段階は将来的なものである。