ニュース:脳と脊髄の神経の繋がりの強化に成功、電子回路で麻痺手足回復も

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年11月8日】 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)は、サル頭部電子回路でできた「人工神経接続装置」をつなぎ、大脳が命令を出した直後に電気信号脊髄へ送るという実験から、大脳脊髄との神経結合を人工的に強化することに成功したと、2013年11月7日付の米科学誌ニューロン(電子版)で発表した。

西村幸男准教授(神経生理学)は「脳梗塞脊髄損傷で手足を自由に動かせなくなったまひ患者でも、残った神経を強化することで、より強い力を出せるようになる」と説明。リハビリ運動機能再建研究につながるとしている。 [1] [2] [3]

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]