ニュース:メダカに高度な認知能力 泳ぎで見極め、群れ形成

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年12月28日】 自然科学研究機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)が、6個の点でメダカの泳ぎを模擬した画面をメダカに見せる実験をした結果、画面に引き寄せられたことから、メダカは動きで仲間認知し、群れを形成していることが分かった。28日までに独科学誌アニマル・コグニション電子版で発表した。

これまで魚類が色や形、大きさで仲間を認識して群れをつくることは知られていたが、実験した渡辺英治准教授心理生物学)は「魚類の小さなに、高い認知能力が備わっていることが分かった」としている。

[1]

関連ニュース[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]