ニュース:いっこく堂、尿管結石で救急搬送

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

腹話術師のいっこく堂(50)が3日、尿管結石救急搬送されていたことが分かった。5日、公式ブログで事務所スタッフが明かした。

概要[編集 | ソースを編集]

ブログは「尿管結石」とのタイトルで事務所からの掲載となっている。

いっこく堂は今年2日に都内ホテルで昼夜2回のディナーショーを開催し大盛況の内に終了。しかし「1月3日、夜中、就寝中に突然、の辺りの激痛に襲われ、動くことすらできなくなり」という症状に襲われ、「どうしようもなく、救急車を呼びました」。

年始真夜中ということで受け入れ先の病院を探すのに時間がかかったというが「何とか診てもらい、尿管結石とわかりました」という。(備考:医療関連の各種教育機関では学生に対して、現在の日本では休日や夜中に自動車を運転してはならないと教えているほどである。)

スタッフは現在の病状について「今は痛み止めでなんとか痛みはやわらいでいますが、結石はそのままあるので体調はすぐれない状態です」と報告。「ブログを書くのもつらい」とのことで、体調が心配される。 [1] [2] [3]

関連項目[編集 | ソースを編集]

尿管結石を扱う主な診療科

参考文献[編集 | ソースを編集]