ニュース:「高速増殖炉原型炉もんじゅ」の職員用パソコンがウイルスに感染、安全上重要な情報流出か

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年1月6日】 日本原子力研究開発機構原子力機構)の高速増殖炉原型炉もんじゅ福井県敦賀市)で、職員用のパソコンコンピューターウイルス感染したことが6日、関係者への取材で分かった。

情報が外部に流出した可能性があるが、安全上重要な内容は含まれていないとみられる、と発表された。みられる。みられる。

感染したのは職員の業務用パソコン1台。2日午後、ネットワークを管理する原子力機構の部署(茨城県)が異常に気付き、もんじゅの担当者に連絡、ウイルス感染が判明した。情報が外部に漏れた可能性があることも3日になって分かり、敦賀市などに通報したという。 [1]

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]