コロナワクチン

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

コロナワクチンは、COVID-19のワクチンとされているが、人類初の遺伝子ワクチンであり、安全の保証がないし、治験中のため危険である。

危険である理由[編集 | ソースを編集]

遺伝子ワクチンは現在まだ研究途上の実験段階で、人間用に大規模で遺伝子ワクチンが接種されるのも史上初。 これまでのワクチンと違い、遺伝子が細胞内でどれだけの期間残るのか予測できなく、場合によっては染色体DNAに組み込まれ、コロナウィルスタンパクを一生体内で作り続ける事になる可能性がある。 また、長期的な副作用(ベル顔面麻痺等)が報告されているが、これはメディアでは報道されていない。

若者にワクチンは要らん[編集 | ソースを編集]

今回のコロナワクチンは、治験中であり、安全性が保証されていない。なので若者はコロナのリスクよりワクチンのリスクの方が高いため、若者はワクチンを受けるよりも感染して免疫を高めることの方がよい。コロナは感染してもほとんどは風邪程度ですむ。

子供へのワクチンは?[編集 | ソースを編集]

2021年9月18日現在、コロナで亡くなった子供はたったの1人。8月以前は0人だった。 でも、コロナワクチンを打った子供は、その後副作用の例が多く報告されている。

ワクチン普及国の実態[編集 | ソースを編集]

ワクチン普及国のイスラエルでは、ワクチン普及国にも関わらずコロナ感染者や死者がかなり増えている。

コロナの死者数とワクチンの死者の比較[編集 | ソースを編集]

鳥取県では、コロナで亡くなった人は3人であるが、ワクチンでなくなった人は6人。明らかにワクチンが危険である。

2021年9月26日現在、コロナで亡くなった10歳以下の子供は0人。その子供たちにワクチンを打たせるのは危険だと思われる。おそらくワクチンの方が死亡する確率は高いだろう…。

外部リンク[編集 | ソースを編集]