局所感染

提供: メディカルウェア
2014年10月28日 (火) 23:38時点における126.213.137.122 (トーク)による版 (ページの作成:「'''局所感染''' (読み:きょくしょかんせん、英語:local infection) とは、体の一定の部分のみに感染が限局している場合をいう...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

局所感染 (読み:きょくしょかんせん、英語:local infection) とは、体の一定の部分のみに感染が限局している場合をいう。

概要[編集 | ソースを編集]

局所感染は体の一定の部分のみに感染が限局している場合をいう。 これに対し、病原体血液中を流れ、全身に広がっている場合を全身感染 (generalized infection) という[1]

局所感染の多くは、疼痛熱感腫脹発赤、機能喪失といった炎症の典型的な徴候症状を特徴とする。

近年ではメチシリン耐性黄色ブドウ球菌MRSA)が局所感染し、その部位が化膿するという事例が報告されている。 また、これは院内感染の定番となっており、健康な人であれば化膿する程度だが、弱っている患者の場合は重篤症状に陥る場合もある。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]

  1. 東匡伸、小熊惠二、『シンプル微生物学』、43ページ、南江堂;改訂第3版、2000年10月