超音波検査

提供: メディカルウェア
USから転送)
移動: 案内検索

超音波検査(ちょうおんぱけんさ、英語:Ultra Sound, DICOM:US)および超音波検査装置とは、生体内に向けて超音波を照射し、その反射波(エコー)の遅延時間および強度を画像として表示することで生体内の状態を見る検査方法および医療機器である。超音波検査は「エコー」や「US」などという略称で呼ばれることも多い。

概要[編集]

超音波は体組織の音響インピーダンス(音速x密度)が異なる境界面で吸収または反射する。超音波検査で使われる超音波の周波数は3~10MHzが一般的であり、周波数が低いほど到達深度は上昇するが空間分解能は低くなり、逆に周波数が高いほど到達深度は低くなるが空間分解能は高くなる。

超音波検査で使われる超音波の速度は1400~1800m/秒であるが、生体内では1530m/秒であると見なすことになっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]