DICOM/Verification Service Class

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

DICOMにおけるVerification Service Classとは、装置間の存在確認および接続折衝確認を行うサービスクラスである。ようするにEcho SCUとEcho SCPの定義のこと。

概要[編集]

Verification Service Classは主にDICOMネットワーク接続確認を行うのに用いる。

インターネットの世界で有名なpingコマンドに近い存在であるが、pingは電源とネットワークにさえ繋がっていれば大抵は応答してしまうのに対し、ベリファイサービスでは、DICOM通信における相手先のプロセス(サービス,AE)が立ち上がってるかの確認、また接続折衝処理(接続認証含む,Association)まで行うので、DICOM通信の接続設定が間違っていないかの確認などを行える。たとえばネットワーク接続すら出来なければ相手側の電源が入っていない可能性があり、ネットワーク接続が出来ても相手がエラーを返してくれば接続設定が間違っている可能性があるとわかる。

DICOMではすべてのSCPはVerification Service Classの実装が必須要件となっている。 また、SCUでも可能な限り実装すること(ツールを提供すること)が推奨されている。 SCU製品の場合はdcmtkあたりを同梱しておけば良い。 むしろその方が、わざわざ車輪の再発名をして混乱を招くよりも良い。

実装[編集]

Verification Service Classの実装に用いられる各種クラスなどを記述する。

SOP Class
DIMSE

関連項目[編集]