オナニー

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

オナニー(独語:onanie、英語:onanism)とは、本来は性交の最後に男性外に射精すること(中絶性交)であるが、近年では手や器具を使い自分自身で性的快感を得るマスターベーションの同義語として使われることが多い。

概要[編集]

オナニーの語源は旧約聖書に登場するオナンという名前の男性であると言い伝えられている。 オナンはユダヤ教の掟により、好きでもない女性(死刑になった兄の嫁)と強制的に結婚させられるが、この女性と性交はするが子供が生まれないようにの外に射精したという。 ちなみにこの膣外射精自慰ユダヤ教の掟に背く殺人罪に相当する行為(キリスト教の原理主義でも同様)であり、オナンもオナニー罪で告訴され最終的には死刑になっている。

オナニーが手や器具を使って性的快感を得るマスターベーションと同義になったのは、マスターベーション疾病の関連性を研究していたフランスのソチーという人物の論文の中で「オナニズム」という表現が使われたのが最初ではないかと言われている。

自慰の詳細については「マスターベーション」の項目を参照。

関連項目[編集]

参考文献[編集]