メインメニューを開く

メディカルウェア β

ICD-10

ICD-10とは、1990年の第43回世界保健総会において採択された「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)」の第10回目の修正版のことである。

目次

概要編集

疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)」は、もともとは国をまたいで統計をとれるように作成された分類コードであり、従来は10年ごとに更新されていたものであったが、ICD-9あたりから世界標準の病名コード表として広く医療機関における医療記録の管理などでも使用されるようになっていたことをうけ、以降は10年毎にICD-11など新版が発表されるのではなく、必要に応じてICD-10に修正を加えるかたちで適宜更新されるようになっている。なお、利用・引用に際しては「何年度版を用いているか」を明記した方が良い。

日本においては厚生労働省がICD-10の2003年版をベースに日本語の補足を加筆したものが採用されている[1]。2012年現在、世界保健機関WHO)がウェブサイト上で公開しているのは2010年版である[2]

構成編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集