「HL7」の版間の差分

提供: メディカルウェア
移動先: 案内検索
(ページの作成:「'''HL7'''(えいちえるせぶん,Health Level 7)とは、米国に本拠地を置くHL7協会が策定している医療情報交換のための標準規約...」)
 
17行目: 17行目:
 
| 患者診療情報提供書規格
 
| 患者診療情報提供書規格
 
| 1.00
 
| 1.00
| HS007
+
| HS007 患者診療情報提供書及び電子診療データ提供書(患者への情報提供)
| 患者診療情報提供書及び電子診療データ提供書(患者への情報提供)
 
 
| 2006年3月17日
 
| 2006年3月17日
 
|-
 
|-
42行目: 41行目:
 
| 診療情報提供書規格(医療機関への紹介状)
 
| 診療情報提供書規格(医療機関への紹介状)
 
| 1.00
 
| 1.00
| HS008
+
| HS008 診療情報提供書(電子紹介状)
| 診療情報提供書(電子紹介状)
 
 
| 2007年9月3日
 
| 2007年9月3日
 
|}
 
|}

2012年6月26日 (火) 15:49時点における版

HL7(えいちえるせぶん,Health Level 7)とは、米国に本拠地を置くHL7協会が策定している医療情報交換のための標準規約である。

HL7では、患者情報の管理、オーダー、照会、財務、検査報告、マスタファイル、情報管理、予約、患者紹介、患者ケア、ラボラトリオートメーション、アプリケーション管理、人事管理など、幅広い医療情報の交換を取り扱う。

HL7のレベル7とはOSI参照モデルの第7層(アプリケーション層)に位置することに由来する。

制定済み標準規格

規格番号 規格名 バージョン HELICS 最新改訂日
HL7J-CDA-001[1] 患者診療情報提供書規格 1.00 HS007 患者診療情報提供書及び電子診療データ提供書(患者への情報提供) 2006年3月17日
HL7J-CDA-002[2] CDA 文書電子署名規格 1.02 2006年5月12日
HL7J-CDA-003[3] CDA 文書暗号化規格 1.02 2006年5月12日
HL7J-CDA-004[4] 可搬電子診療文書媒体規格 1.01 2006年4月21日
HL7J-CDA-005[5] 診療情報提供書規格(医療機関への紹介状) 1.00 HS008 診療情報提供書(電子紹介状) 2007年9月3日

関連項目

  • DICOM
  • IHE - RSNAHIMSSを中心として組織化された異なる規格間の統合運動。

参考文献

外部リンク